【FF13】パルスのファルシのルシがコクーンでパージ Part7

おはこんばんちは。

昨日久しぶりにラーメンを食べてきました。
純連という店に行ったんですが、正直微妙でしたね…。
すみれもそうなんですが、この系統のラーメンはそんなに好きじゃないってことがわかった…。

さて、今回はFF13をやっていきます。

前回のFF13

【FF13】パルスのファルシのルシがコクーンでパージ Part6
FF13のプレイ日記です。 今回は10章 バハムートクリアまで。

プレイ動画

FF13をまったりと Part9

プレイ日記

それではやっていきましょう。
今回は11章です。

11章

舞台はコクーンからグラン=パルスへ。

早速ですが、ホープの召喚獣戦スタートです。
こっちは比較的楽でした。

さて、ようやく一本道から開放されます。
アルカキルティ大平原が今作唯一の楽しいポイントなのかな。
またサブクエスト的なものもあって、駆け回れるのはいいですね。

ただ、何かベヒーモスとかに勝てないことが多いんですよね…。
最初プレイした時そんなに苦戦した気がしなかったんですが、さすがに認識を改めたほうがいいのかも。

ミッションもほどほどに進めていきますが、坑道に入ると途中から再び一本道に戻ってしまい、しばらく行くと今度はヴァニラの召喚獣戦。
しかもファングと2人。

かなり苦戦しましたが、何とかクリア。

その後はファルシに乗り込んで再び別の場所へ。
そのまま進めていくと、今度はタワーを登ることに。
ここでミッションをこなして徐々にタワーを登っていくことになりますが、ここでも現れるのがグラン=パルスにいたファルシ=ダハーカ。
邪魔をしてきましたが、その都度守ってもらいつつ、タワー最上階までやってきました。

そしていよいよファルシ=ダハーカ戦。

ここは割とあっさり勝利し、ようやくヲルバ郷です。
ヲルバ郷はかなり寂れてしまっている様子で、ヴァニラたちがいない間に何があったのか…というところですね。

とりあえず奥まで進んでいきますが、ここで出てくるセラの幻影。
そしてサラッとライトニングの本名が出てきました。

その後またまた出てきたバルトアンデルス。

何とかバルトアンデルスを退け、いよいよコクーンに帰還。
そろそろ終盤といったところでしょうかね。

11章はおそらく唯一の一本道ではないフィールドだったので結構長い時間堪能していました。
ただ、クリスタリウムの成長がちょっと不足している気がするので、どこかでCP貯めをやらないといけないのかもしれない…。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました