スイッチを活用した「新しいあそび」ってなんだろう

2018年3月5日ゲーム雑記

おはこんばんちは。

日が変わって昨日となりましたが、目に入ったのは4亀のとある記事。

その内容はと言うと…。

この記事のおかげで魂が戻ってきたのでネットの反応を見てみましたが、VRが多そうですね。
PSVRやOculus Riftなどもそうですが、VRは13歳未満の子供が遊べないので任天堂でそういう制限があるものは出さないだろうと思っていましたが、あくまでも二眼の話らしいみたいですね。
詳しくはわからないのですが、一眼は問題はないようなので、二眼でないVRの可能性はあるんだろうかと思いました。

後はオンライン対応のVCというのもチラッと見ました。
新しいあそびとはならないと思いますので、これは違うのかなと。
個人的にこれが来たらめちゃくちゃ嬉しいですけどね。

それ以外に何かあるかなーと考えた時に私が思いついたのは、スイッチの縦持ちです。
コントローラを片方だけ付けての1人プレイはもちろん、コントローラを付けたままのおすそ分けプレイでエアホッケーと言った遊びもできるんじゃないかなと思いました。

それと、あそびにはならないとは思ったのですが、WiiFitのような体重計との連動も考えました。
スイッチはいつでもどこでも誰とでも遊べますので、WiiFitのようにバランスWiiボードを引っ張り出す必要はなく、体重計のあるところにスイッチを持っていけば、それだけで新しいことにはなるのかなと。
最初でも触れたとおり、あそびにはならないと思いますけどね。

個人的に気になったのは新しい遊びではなく、あそびであること。
これが何を意味するのかは分かりませんが、全年齢に向けたということなのかな。

それと発表の形態的にソフトではなくハードの紹介になりそうですね。

今回の発表があってから、考えれる限りで挙げてみましたが、私の考えつくことなんてこれぐらいで、実際にはもっとワクワクするようなことを発表してくれるんじゃないかと思います。
その内容が朝7時から公開されますので、私も頑張って起きて、盛り上がれたらと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ