ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド てきとー探索・攻略 Part23

2019年10月13日 17:08ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

おはこんばんちは。

本日もゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのDLC2弾。
英傑たちの詩を進めていきます。

プレイ日記

前回で英傑ウルボザの詩と英傑ミファーの詩が終わり、今回は英傑ダルケルの詩を進めていきます。

最初、どの場所に行けばいいのか全く分かりませんでしたが、よく見たら地図が書いてあるような…。
結構わかりづらい地図ですが、照らし合わせていき、ここかなと思ったところにマークをしてそのポイントに。
もし外れだったときのためにワープポイントを設置して、すぐに戻って調べられるようにしておきました。

そして、近くに行くと光輪を発見。
溶岩の上に岩越しに立つことで祠が出てきたので、早速攻略。

そして二つ目。
これは内容からも理解しやすかったですが、デスマウンテン頂上付近にある光輪を辿っていくもの。

これで2つ目の祠が現れて攻略。
最後は、どうやら討伐のようですが、どこにいるのか分からず…。
結局スタンプも外れて、ふら~っとしようとしたところ…何か現れました。

最初見た時、ただの溶岩とは思えず、近づいてみたらこれでした。
ただ強さはそこまででもないので、氷の矢からの本体に乗ってタコ殴りで勝利。

祠も攻略完了。

後はこれまでと同じ流れで神獣のところに行き、炎のカースガノン戦。

ウルボザの怒りであっさりと勝利。
なるべく使わないほうがいいのかなと言うレベルで強い。

この後はダルケルが英傑と呼ばれる前の記憶を見ることができますが、ダルケルにも苦手なのがあるようで…。

勇猛な英傑でもこういう一面はいいですね。
これでダルケルの護りも強化されました。

そして、最後は英傑リーバルの詩です。
これは出てきたところからおおよその場所を特定できたのでラッキーでした。

まずは盾サーフィンで光輪を追っていくことで、祠がでてきたのでクリア。

2つ目は飛行訓練場で、四つの的を刹那に射るですが、テバに聞いたら1発で4つの的を射抜くみたいなことを言ってて、どうすればいいんだ…と思ってましたが、ただ空中から頑張りゲージが無くなる前に4つの的を射抜くだけでした。

これで2つ目の祠もクリア。

最後は、龍の角を射抜くというもの。
これは深夜帯にやってくる龍の角に当てればおk。

ということで、英傑リーバルの詩はカースガノンだけでなく、祠の条件も簡単でした。
先に触れてしまいましたが、風のカースガノンも余裕でした。

相変わらず素直じゃないリーバルですが、相当な努力家な面が見られますね。

リーバルトルネードの会得まで色々と苦労したようです。
これでリーバルトルネードも強化。

そして、最後の試練を受けるため、回生の祠に向かいます。
ここは四神獣と同じようにまずはマップを入手。
それから各エリアを攻略していくことになりますが、一つだけわからないところが…。

何か行けそうと思って試していたらゴリ押せてしまったのですが、結局どうすればよかったんだろうなという。

アイスメーカーを使って、ビタロックで対象となる装置を押し上げるんだろうなとは思ったのですが、上手くアイスメーカーが作れず…。
たまたま場所が悪かったのか、何かが足りないんだろうなと思いましたが、ゴリ押せたのでまぁいいや状態です。

強引に突破したところもありますが、これで4つすべてのロックを解除して、奥地へ。

待っているのはこれまでリンクに語りかけてきた、導師 ミィズ・キョシア。
いつもならこれで終わるところですが、今回終わらせてくれません。

この導師と戦うという、本当に最後の試練が待っています。

第一形態はこれまでのカースガノンと似たような動きをしてきます。
正直、雷に関しては反応できるように盾弾きを練習しましたので、素早く仕掛けてきても完全なカモ状態です。

そして第二形態。
ここからは分身してきますが、個人的に一番キツかったのがここですね。
どれが本体か分からなかったものの、何故か勘で上手く本体に攻撃を当てれたので何とかなりました。

分身を攻略すると、第三形態。
導師が巨大化してリンクに様々な攻撃を仕掛けてきますが、ここでも役に立つのが盾弾き。
ビームを返せばダウンを奪えるのでそこを攻撃して勝利。
後は鉄球からの雷もマグネキャッチで当ててやれば返り討ちにできます。

これで本当の本当に試練が終わり、マスターバイク零式がゲットできます。

最後の記憶は5人の英傑たちとゼルダ姫の記憶。

DLC第2弾楽しめましたといったところで、終了。

感想

最後に英傑たちの詩を終えたので感想でも。
本編だとすでに英傑たちは亡くなっているので、その点DLCによって触れることができたのは良かったですね。
本編ではわからなかった、ダルケルの弱点やリーバルの努力、そしてショタシド等、貴重な部分が見られたのでは無いかなと思います。

今作は探索が楽しいので、それぞれの場所を探すのも苦にならなかったですし、今まで見つけられなかった祠を見つけられたりして、色々と楽しむことができました。
祠や神獣攻略、最後の導師戦も結構歯ごたえがあり、またまたこれぐらいのダンジョンで遊べたのは良かったです。
最後はマスターバイク零式が手に入れましたので、ハイラルの大地をひたすらバイクで走り出そうかなと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ