アサシンクリード ヴァルハラ 略奪、戦闘、開拓を楽しむ Part1

おはこんばんちは。

体重を知りたくて体組成計を買って測ってみたんですが、想像以上に太っていました。
まぁ、すた丼肉飯増し×3みたいなことを割と頻繁にやってましたからね…。
やっぱりデブは甘えだなぁと改めて実感。

さて、今回はアサシンクリード ヴァルハラです。

プレイ動画

アサシンクリード ヴァルハラをまったりと Part1
アサシンクリード ヴァルハラをまったりと Part2
アサシンクリード ヴァルハラをまったりと Part3
アサシンクリード ヴァルハラをまったりと Part4
アサシンクリード ヴァルハラをまったりと Part5
アサシンクリード ヴァルハラをまったりと Part6
アサシンクリード ヴァルハラをまったりと Part7

プレイ日記

それではやっていきましょう。
いつもPS4でやっていたんですが、今回からPCでプレイしています。

最初は子供時代の主人公エイヴォルとその母親。

なんか母親はHorizon Zero Dawnのアーロイに似てませんかね。
こんな平和なひとときを送っていたんですが、キョトヴィが攻めてきます。
これに抵抗するも父も母もキョトヴィによって殺されます。

エイヴォルは子供なので逃げるわけですが、その際兄貴分のシグルドも同行してくれます。
ですが、途中で狼に襲われ…。

そこでアニムスにエラーが生じ、主人公選択。
最初の場面を見た時には男の子っぽいなと思ったので、男を選択。

北の谷を懸けた戦い

ここからは青年となったエイヴォルを操作していきます。
早速ですが、初ビューポイント。

このためにアサクリやってるようなもんなので、今作も期待してますよー。
ちなみに奴隷商人に売られようとしてるところから見事に返り討ちにして故郷であるフォルンブルクに帰ってきました。

ミニゲームやったりと集落の人に話を聞いて回ったり、何やらお告げと思われるものを見たり…。
出てきたのは子供のときにエイヴォルを乗せて逃げたシグルドだったわけですが、どうやら裏切る未来になるのかな…?
どうなるのか楽しみですね。

さて、そのシグルドも後ほど帰還。

そしてそこにはアサシン教団と思われる人たちも。
予想通りアサシン教団ということで、エイヴォルが受け取ったのはヒドゥンブレード。

この暗殺の練習としてキョトヴィの密偵たちも暗殺。
そして早くもキョトヴィ戦。
途中までダメージを与えるとアサシン教団のハイサムがキョトヴィを暗殺しようとしますが、残念ながら失敗。
そのまま負傷してしまいますが、一応生きたようです。

そして、ここからはキョトヴィに対しても消極的だった王スティルビョルンを見限るわけじゃないものの、シグルドは新天地を求めてノルウェーからイングランドへ。

イングランドでは新参者ということで、まず定住地を開拓していきます。
そのためには周りの勢力と同盟を結んだりしていきます。

ソーマの歌

最初は隣のグランデブリッジシャーと結びに行きますが、本編とは関係ないものの、探索中にいた謎の人物。
正直ヴァルハラは探索の要素で謎要素があり、これもその一つ。

最初見たときは笑ってしまいましたね。
理解不能すぎて。

ソーマと呼ばれる女性リーダーの土地を取り戻すために協力していきますが、残念ながら中には裏切り者も。
その裏切り者は多分あたっていたと思うのですが、成敗。

邪魔者も暗殺して無事に解決。
これでグランデブリッジシャーとの同盟を結ぶことができました。

これで定住地に戻ってアサシン教団の建物を作ったりと定住地を更に開拓していきます。
あと、アサクリオリジンズにいたはずのレダが何故かヴァルハラの世界にも登場。
これは子孫なのかな…?

王作りのサーガ

そして次の同盟を結ぶために、先にシグルドが向かっていたとされる土地へ。
ここでレプトンにいるラグナルソン兄弟の弟と出会いますが、どうやらここでは今の王を退位させることが目的らしい。
最終的にはパーグレット王を捕らえて、ローマへの追放処分として新たな王が誕生。

最後はパーグレット王に仕えているレオフリスとの決戦。
かなり強かったですが、何とか倒します。

ここで殺すか生かすかの選択肢が出てきますが、今回は活かす方向で。
どうやら王が追放されたローマへとこの人もいくらしい。
もう会うことはないのかな。

そして、ラグナルソン兄弟との同盟を結ぶこともできて、かけがえのない友にもなったのかな。
といったところで今回はここまで。

ちなみに、かなりぶっ続けでプレイしていたんですが、スクショ撮るたびにアサクリがクラッシュするせいで動画を7つに分けることになりました…。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました