【バイオ ヴィレッジ】こんなヴィレッジは嫌だ Part7

おはこんばんちは。

今日から2連休ということで、かつや行ってきました。
王道ロースカツ定食を食べてきたのですが、本来ロースカツ・ご飯・豚汁のセットがロースカツ・カツ丼・豚汁という王道とは何なのかを考えさせられる一杯でした。
前回もそうでしたが店員が相変わらずの糞っぷりでしたが、カツは美味しかったです。

さて、今回もバイオハザード ヴィレッジです。

前回のバイオハザード ヴィレッジ

プレイ動画

プレイ日記

それではやっていきましょう。
今回はハイゼンベルクの拠点に入ります。
どうやら罠ではないとのことで招かれます。

で、壁に貼られるこれまでのターゲットやミランダ。

ハイゼンベルクは一体何を企んでいるのか…といったところで本人登場。
何やら地下から変な音が聞こえてきて、その近くにイーサンを座らせる時点で、これ地下に落とされるフラグだな…と思いつつも、話を聞くことに。
そしてハイゼンベルクが提案してきたのは、やはり協力。

もちろんイーサンは断りますが、案の定地下に落とされましたよと。
そこまではいいんですが、後ろには何かプロペラが顔になった謎の機械。
そいつから何とか逃げてますが、地下深くに落ちることになりました。

途中新型も出てきました。
こいつは胸のコアを攻撃しないとダメージを余り与えられない様子。

最終的にはスイッチを解除できればいいんですけれども、結構焦ってましたね
ナイフを振っても当たらず、後ろから敵が近づいてて、逃げて…を繰り返して何とか少しずつではありますが、地上に近づいてきました。

ただ、あのプロペラ野郎がまた待ってました。
突進してきて、炎も出してきて…と何やねんこいつはって感じですが、何とか倒せました。

そしていよいよ現れました、ハイゼンベルク。

とはいえ、自らに鉄をまとわせてロボットのような感じで戦うことになるので、今のイーサンに勝ち目はなくまた再び地下へ…。
また1からと思ってたところ、先に進んで現れたのはクリス。

ここでクリスはようやく話してくれるわけですが、まず最初に殺されたミア。
あれはミアではなく、ミアに擬態したマザー・ミランダで、あの時止めを刺したと思っていた様子。
ただ、ミランダは死体に擬態しており、護送中に襲いかかり、ローズを連れ去ったようです。

で、クリスは今までミランダを追っていたと…。

クリスはイーサンにハイゼンベルクと戦うための道具を準備してくれたので、それに乗り戦います。
最初どう戦うのかわかりませんでしたが、分かってくると楽しい。

そして最後はイーサン生身でハイゼンベルクを撃破。

で、その後に現れたのはミア…に擬態をしたミランダ。
どうやらミランダはミアだけではなく、序盤に出てきたおばあさんにも化けていました。

そしてイーサンはミランダによって…。
心臓を奪われ、そのまま死亡…。

この後誰が立ち上がるのか…。
ということで、ミランダを追っていたクリスが登場。

次回からクリス編スタート、といったところで今回はここまで。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました