Farpoint 専用コントローラでプレイ Part1

おはこんばんちは。

昨日からPS VR専用タイトルのFarpointをプレイし始めました。
当初Amazonで予約してましたが、たまたま昨日病院の帰りに寄ったGEOでコントローラ同梱版が売っていたのと、Amazonより安いということで買っちゃいました。
都心ならいいのですが、北海道なので遅いのは仕方ないのですが、値段も高いのならAmazonで買うメリットは全くありませんからね。

ちなみに、PS VR本体も普通に売ってましたが、品薄が解消されたのか、たまたまだったのかは謎です。

開封

PlayStation祭 2016秋で初プレイ。
その時に専用のシューティングコントローラでプレイしましたが、なかなか面白いなと感じたので今回購入した次第です。

まずはパッケージから

コントローラが大きいので仕方ないですが、Switchよりも横に大きいです。
持ち帰るのはちょっと大変でした。

そしてシューティングコントローラ。

かなりしっかりとした作りになっていますが、そこまで重くはなく長時間プレイには支障はないかなと思います。
と言ったところでプレイ開始。

プレイ動画

プレイ日記

まずは利き腕の設定をすることができます。
そして、プレイヤーの身長も選択できます。
私は左利き、170cmなのでそれをプレイヤーとして繁栄。

ストーリーとしては地球に帰る日にワームホールが発生。
二人の登場人物エヴァとグラント、そしてワンダラー号のパイロットであるプレイヤーがワームホールに吸い込まれます。
ワームホールを抜けたプレイヤーは未知の惑星にたどり着くが、そこはエイリアンが跋扈する惑星で、先にワームホールに吸い込まれたエヴァとグラントを探すというもの。

早速、探索を始めていきますが、大気成分は窒素23%、酸素2%、ヘリウム12%、警告として不明な元素が63%という惑星のようです。

プレイヤーが持っている銃ですが、一般的なアサルトライフルで弾が無限です。
ただ、撃ちすぎるとオーバーヒートしてしばらく撃てなくなるようなので、撃ちすぎ注意と言ったところでしょうか。

今回は先にワームホールに吸い込まれたエヴァとグラントを探すところから始まりますが、ところどころスキャンをすることで、二人の足取りを追うことが可能となっています。

更に進んでいくとロケットランチャーとショットガンをゲット。
ロケットランチャーの方はスクショありませんが、アサルトライフルに内蔵されていて、レーザーサイトで照準を合わせてからロケットランチャーを放つというもの。
サブウェポン扱いのようです。

ショットガンはアサルトライフルと違って有限ですが、近距離で力を発揮してくれそうです。

でかいエイリアンを撃破。

最初ボスだと思いましたが、雑魚キャラだったようです。

今回はここまでで終了していますが、今のところ酔いは全くありません。
PS4 Proだからか、以前体験したときより映像が若干綺麗に見えます。
と言ってもそこまで劇的に変わるわけではありませんが、遠くが結構きれいになっているような気がしました。

それでは、また。


Farpoint
たなブロ!

コメント