PLAYSTATION 5 SHOWCASEの感想

おはこんばんちは。

すごい今更感もありますが、マイナンバーカードを発行してきました。
こういった顔写真付きの証明書を見るといつも思うことがあります。

本当グロメンやなぁ。

さて、今回はPLAYSTATION 5 SHOWCASEについてです。
PS5や気になったソフトの感想を書いていきます。

内容

[日本語] PLAYSTATION 5 SHOWCASE

FINAL FANTASY XVI

Final Fantasy XVI – Awakening Trailer | PS5

トップバッターはFF16。
さすがにFF15のように時間がかかるということはなさそうですが、発売日が公表されていなかったので、いつになるんだろう。
2023年までには出てくるだろうと思いたいですね。

ちなみにプロデューサーがFF14の吉Pとのことで、いい作品になりそうだなとは思っている。

戦闘もFF15をよりパワーアップさせたような爽快感ある戦闘と感じるので、非常に楽しみな作品の1つです。
PS時代のFF7のような影響力はないですが、それでもこれで動く人はいそうですね。

Spider-Man: Miles Morales

正直スパイダーマンは映画も見たことないし、キャラクター自体もよくわからないのですが、純粋にアクションゲームとして面白そうな作品。
前作(?)もスパイダーマンがわからないという理由で手を出していなかったりするんですが、ゲーム性は面白そうなので気になっています。

スパイダーマンがわからない人でも楽しめるんだろうか。

バイオハザード ヴィレッジ

クリスは一体どうなってしまったんだろうというのが気になる今作。
村ということで、ゲーム性以外はバイオ4っぽい雰囲気を感じています。

面白かったバイオ7の正統続編だし、面白くないわけがない作品だろうと思っています。

ただ買うとしたらPS5ではなく、無規制PC海外版を選択するので、ここで挙げるか迷いましたが気になっているタイトルなので挙げました。

それにしてもVIILAGEからの8って本当センスを感じて凄い。

Demon’s Souls

Demon's Souls – Gameplay Trailer | PS5

デモンズソウルってダクソのような重厚感がある作品だと思っていたのですが、ゲームプレイ見ていると結構サクサク動いている感じ。
PS3版はほぼほぼプレイしていないので、わからないんですが、ダクソっぽいと思ってプレイしたら痛い目あるんだろうか。

ちなみにPS5とローンチタイトル。
11月はやりたいゲームが多すぎてやばい。

PS5

ついにPS5の発売日や価格が発表されましたね。
まず発売日ですが、2020年11月12日です。
そして価格はBDドライブ無しが39980円、BDドライブ有りが49980円でした。
Xbox Series Xが49980円ですので、これ以上は高くできないだろうなと思っていたので、予想通りでした。
発売日もほぼほぼ一緒なので、日本以外は盛り上がりそうです。
日本はPS5一択になりそうだし。

PS5はタイトル次第ではスルー予定でしたが、デモンズソウルが来るならローンチで買うつもりです。
ただ、11月は他にプレイするゲームが多すぎるので、万一発売日を逃してもまぁいいかなぐらいの気持ちです。

ちなみに買うならBDドライブ有りにする予定。
予約は明日の10時かららしいので、覗いてみたいと思います。

感想

朝5時で眠かったんですが、アクション映画を見ているような気持ちで見ていました。
が、映像を見ただけじゃやっぱり伝わりきらないところがあります。
なので、実際にプレイしてみて没入感を試してみたかった。
コロナが無ければ、TGSで体験できた可能性だってあったわけですから、コロナが憎い。

ちなみに、PS4初期に発表されたdeep downは結局PS5が登場するまで出ることはありませんでしたね。
PS5でdeep downが帰ってくるのか、密かに気になっています。

それでは、また。

コメント