ゲーム発展国++ ミリオン作品を出しまくる Part1

おはこんばんちは。

SEKIROで楽しむ毎日ですが、たまにまったりしたゲームでも遊びたいと思い探していたところ、ゲーム発展国++を見つけたのでやってみた。

プレイ日記

社名を決めて、早速スタート。
会社名ですが、ニソテソ堂にしてみた。

ずっと遊べるようですが、一応エンディングとしては20年間となっていて、それまでの利益や売上がハイスコアとして記録されるようです。

まずは受注で資金をためてから、自社ソフト開発に入るのがセオリーなようですが、説明を見ずにいきなり自社ソフト開発から入ってしまいました。
結構実在する会社と似たような名前の会社がハードを提供していますが、開発するにはライセンス料が…ということで、最初から開発できるハードで開発してみた。

そして、最初にできたゲームがこれ。
動物もののパズルなので、どうぶつパズルとか、そのままですね。

ファミ通のクロスレビュー的なものもありました。
40点でもクソゲーがあったりするので、あてにならないと個人的には思っていますが、このゲームに関して言えばかなり重要。
というのも、ここで殿堂入りしないと続編が作れないからですね。

初作品の売上はこんな感じ。
ちなみにランキングで言うと圏外のようですが、最初の作品が1万ってなかなか悪くないんじゃないかと…。
今の時代の話ですが。

ちなみに、人を雇うこともできるわけですが、雇える人数を超えると誰かを解雇しないといけません。
正直これに関してはブラックじゃないかと思えるレベルで、社員をあっさりと切ることができます。

後は年数をこなしていくことで、各社がハードを発売していきます。

こういったハードで開発するにはライセンス料を払わないといけないので、受注業務でお金を稼ぎつつ、新作ソフトを人気ハードで出していくといった感じで進めていきました。

この後にはゲームボーイに似たものも出てきたので、こちらでライセンス料を払ってやってみた。

後はひたすら開発していきますが、ゲーム大賞の発表みたいなものもあります。

資金が増えてくると、オフィスの移転もあります。
最初は住宅街みたいなところでやっていましたが、最終的にはいかにもオフィス街みたいなところに移転し、雇う人数を増やせます。

ここまで来るとかなり軌道に載っている状態になりますが、最後の最後でハードの開発もできました。

これで20年間が終わりました。

最も売れたタイトルはこの作品になりました。
正直ミリオンどころかこのクラスで売れるとか、どんなソフト会社やねん…。
ちなみに、2位以降も3000万超えで後半は1000万超えはあたりまえでしたね。

20年間で大賞を取れたのがこの作品達。

正直、名前はすでにある作品の名前をパクっただけですが、20年間楽しく遊べましたね。

感想

20年間一通り遊びましたので、感想です。
正直、社員は使い捨て感がめちゃくちゃ有りましたが、ゲームの名前を決めたりするのは楽しかった。
後は独創性とか音楽とかグラフィックとか、どこに振るかをもう少し細かく決められたら良かったなぁと思った。
まぁ、1200円で遊ぶ分には十分ですが。

地味にキツかったのが全角だとゲームタイトルが10文字しか決められないところでしょうか。
半角にすればいいんですけど、半角カタカナって余り好きじゃないんですよね…。

でもファイナルファンタジーという名前すら入れられないので、2周目は半角使うしかないのかな…。

今後もまったり楽しみたい時にまったり遊んでいこうかなと思います。

それでは、また。

コメント