【十三機兵防衛圏】十三人の主人公が描く物語 Part2

ゲームプレイ・感想

おはこんばんちは。

6月1日から、ギガビッグマックとグランドビッグマックが期間限定で発売されたということで久々に大食い。
食べたのはビッグマック、倍ビッグマック、グランドビッグマック、ギガビッグマックの4種類。
完食はできましたが、そんなにマック好きじゃないこともあって結構しんどかったですね。

さて、今回も十三機兵防衛圏をやっていきます。

前回の十三機兵防衛圏

【十三機兵防衛圏】十三人の主人公が描く物語 Part1
十三機兵防衛圏のプレイ日記です。 今回でチュートリアル終了しました。

プレイ日記

チュートリアルが終わった続きからやっていきましょう。
自由に選べるのでどう書いていこうか迷いますが、3つのモードをそれぞれに分けて書いていきます。

崩壊編

十三人全員で戦うのか?と思ったらそうではないらしい。

どうやら攻撃メンバー6名、余りが防衛メンバーといった感じになる様子。
とりあえずノーマルでできるところまでやってみた。
途中ボス戦もあったけど、ノーマルだと比較的簡単ですね。

ということで、ストロングでやってみたらこちらは結構歯ごたえがあった感じ。
ただ、ストロングじゃないと手に入らないものとかはなさそうなので、とりあえずノーマルでクリアを目指していくつもりです。

追想編

この作品はこっちがメインっぽい感じなので、あとはひたすら追想編です。
色々な主人公を操作して、それぞれの主人公視点でのストーリーが楽しめます。

その中でも気になった出来事を書いていきますが、この鞍部十郎の友達の柴ですが、この人って存在しているのかな?という気になっている。
この網口の家で遊ぶことになるわけですが、何か柴に対するみんなの反応がこの時点で薄く感じる。

そして柴がゲームで遊んでいるシーン。
こういうプレイヤーの前に立ちふさがると見えねぇ!って言うの作りが細かいなぁと思ってみていたのですが、何か柴の言葉に鞍部十郎以外反応していないように見えるんですよね…。

実は柴は鞍部十郎が作り出した偶像に過ぎないんじゃないかなとか思ってたりする。

あとは未来の十郎でしょうか。
ちなみにこの十郎は鞍部ではなく、和泉の方なのかな。

そして、網口愁に似た、この井田鉄矢も気になる。
正直、なんでこうなってるのかが全く見えてこない。

他にも気になったのは冬坂五百里が森村千尋という人物らしい。
森村先生という人は確かにいて、巨乳でスタイルのいい先生ですが、冬坂五百里はこんな感じ。

それがこの人と同一人物らしい。

確かに雰囲気は似てるかもとは思うのですが、スタイルが全然違う…。
ということで、少しずつ進めている十三騎兵防衛圏ですが、正直謎が多すぎますね。

この謎はどんどん明らかになっていくんだろうかという疑問。

ちなみに今回のプレイで更に追想編で選べる主人公が増えました。
・三浦慶太郎
・鷹宮由貴
・緒方稔二
・東雲諒子
・郷登蓮也

これで十二人で、あと1人が如月兎美のみ。
色々な主人公に関わって出てきているキャラですが、まだ開放されないようなので地道に進めていけたらと思います。

それでは、また。

コメント