ファイアーエムブレム Echoes 未プレイ作品のリメイクを楽しむ Part4

2019年6月14日 17:49ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王

おはこんばんちは。

仕事が更に忙しくなりそうな予感ですが、それでもコツコツとFEエコーズです。
プレイから更新が遅れると忘れてしまいますから、まだまだ毎日更新していきたい。

前回のFEエコーズ

プレイ日記

喧嘩別れ後のアルム達。

ロビンの発言がフラグとしか思えない…。

そして、セリカ達はミラの神殿へ。
そんな時に仮面の騎士から迂回をするよう言われるものの…。

セリカはそのまま行くことを決めます。

その結果、敵の策略にハマってしまい、セリカはどうなってしまうのか…。

仮面の騎士が助けてくれました。

この仮面の騎士はセリカと髪の色が似ていますが、前に出ていた腹違いの兄はこの仮面の騎士の事の気がしてきました。
いつぞやのPartで実はアルムが…って言ってましたが、そんなことはなかったですね。

セリカ編イベント後のアルムとエフィの会話。

このヤンデレでサイコパスなキャラがどうも好きになれないですね。
見た目は可愛いと思うんですが、性格が個人的に残念。

さて、ここからですが、土砂崩れによって分断されてしまいます。

お互いに大丈夫か心配しているあたり、仲直りしてほしいところですが、合流することはできません。
アルムとセリカを操作して、それぞれの目的を果たすことになります。

どちらかに特化させても最終的に変わらないのかもしれませんが、せっかくなので1戦闘毎に交代をすることにしました。
なお、敵から挑まれた場合や沸いた魔物は1戦闘に含まず、自分から目的地に挑んだ時のみに限定しています。

アルム編

まず、アルム達はセリカ達と比べるとはっきり言って良い育ちとは言えません。
能力の伸びがイマイチで、解放軍(笑)状態になっています。
そのせいか、途中かなり苦戦しております。

現時点での主力がアルム、ルカ、クリスの3人程で、次点でクレーベ・クレアといったところ。
アーチャーが育ちきっていないのがかなり痛いです。
途中、ユニットが死んで歯車で時を戻すこともあったぐらいですが、あれは敵のターン中に巻き戻しはできないのかな…。
戻しきれなかったら死ぬしかないとか勘弁だけど、まずは死なない立ち回りを心がけたいですね。

さて、最初の目的はドゼーの砦を突破することです。それと併せてアルムの出生の秘密についても徐々に明かされていきます
道中ではフェルナンがやたらと絡んできます。
途中でクレーベとの一騎打ちも見られますが、アルムがマイセンの孫じゃないということがクレーベにも知られてしまい、疑いを持つように。

今後クレーベ裏切りフラグにはならないと思いたいですが、果たしてどうなるか。

フェルナンはやられるたびに撤退しますが、次にベルクトと一緒に現れます。

ですが、戦闘前にミラ神像でグレイをクラスチェンジ。
傭兵から剣士にクラスチェンジして、少しでもベルクト戦に備えようといったところです。

ベルクト戦はベルクトの他にフェルナンとパラディンの計3騎ですが、それでもベルクトには苦労しました。

今回は数が少なかったので何とかなったものの、果たして解放軍は今後もやっていけるのか不安ですね。

そして、目的であるドゼーの砦に乗り込みます。
ここではクレーベの恋人のマチルダが捕らわれていますが、フェルナンの苦悩が見えますね。
フェルナンもマチルダのことが好きだったんでしょうか。

ドゼーの砦に殴り込みですが、ドゼーは兵士にマチルダの処刑を指示。
弓兵や祈祷師が召喚した魔物がマチルダに攻撃していきます。

そのため、アルムを中心に砦に特攻。
雷の剣を持たせて、敵を屠っていき、後ろにクリフやロビンと言った間接攻撃ができる部隊で屠っていきます。
右側にいる魔女はクレアで処理を行いましたが、転移のタイミングが本当分かりませんね…。

さて、アルム達が敵を減らしているとはいえ、その間も攻撃されるマチルダ。
気になるのは、捕虜なのに何でマチルダはパラディンとして戦えるのかと突っ込みたい…。
召喚された魔物もあっさりと蹴散らし、弓兵の攻撃は回避しまくりで、処刑とは何だったのかと言いたい。

非常に硬かったドゼーですが、クリフのエクスカリバーで意外と楽に撃破ですが、死ぬ間際に気になることを言っていますね。

これはアルムがリゲル帝国皇帝ルドルフの息子だということを示していると思われますが、そうなるとマイセンはなぜってことにもなるわけで…。

砦の中には王家の剣があります。
王族にしか持てない剣をアルムは容易に持ってしまい、ここからも王族であることがわかりますね。

アルムは持てたことを言い訳してますが、それはちょっと無理があるんじゃないかな…と。

そして、捕らわれていたマチルダも加入。

パラディンなのでクレーベより圧倒的に強いです。

次回は更に先に進んでいきますが、水計でも待ち受けてるんだろうか。

セリカ編

セリカ編はミラの神殿が目的ですが、まずはMAPにペガサスナイトが移っていたので、海賊潰し。
クリアしてから、ソフィアの港に戻ると、エスト救出のために、パオラとカチュアを仲間にすることができます。

二人の能力はこんな感じ。

パオラのほうがレベルが高いですが、ステータス弱くないか…?
パオラ推し(声優効果)の自分にとっては差がありすぎなんじゃないかと思っていますが、伸び率に期待しましょう。

そして、近くの村でアトラスが加入。

鍛冶屋もありましたが、こちらはまだ未経験です。

次は砦を落としますが、数多くの弓兵が居て非常に厄介ですが、そんな時に活躍してくれるのがレオです。
オカマですが、実力は確かです。

スナイパー相手はキツイですが、アーチャー相手には負けてません。
ここの砦を落とすと、牢獄に捕らえられていたジェシーが加入。
1回一緒に連れて行かないを選択してみましたが、その後でも仲間に入れるようで安心。

ここでギースのところに行けるかと思いきや、ギースの部下の中でも飛び抜けて強いと噂の二人が道を塞いできます。

ジェシーの話では、どちらか一方を倒せばおkらしいとのことでしたので、南側に居るソニアを倒すことにしました。
ソニアのエクスカリバーも厄介ですが、転移を使ってくる魔女も厄介です。

転移はどこまで行けるのかとか、範囲が決まっているのかといったことすらわからないので、魔防が低いキャラは迂闊に出せないと思い、セリカ、ボーイ、メイ、ジェニー、パオラ、カチュアのみ出撃。

途中まで正攻法で戦っていましたが、魔法は使うとHPが減るということで、ジェニーでイリュージョン→セリカでリカバーを繰り返し、幻影兵士を囮にしてソニアのHPを削って行くことにしました。
エクスカリバーは使うたびに3削られていくので、どんどん減らして経験値だけいただくというちょっと汚い戦法で勝利。

そして、北の道を塞いでいたディーンは撤退。
ギースの砦まで乗り込むことができなかったので、次回はセリカ編から行動開始です。

最後に今回ゲットした勲章ですが、うっかり画像を削除してしまったので文字だけ。
戦闘技術の勲章だったと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ