【ポケモンBDSP】15年ぶりにシンオウ地方へ Part4 シンオウ図鑑完成+感想

ゲームプレイ日記

おはこんばんちは。

もう雪が降る季節になってしまいました。
これから引きこもり度が更に加速しそうです。

さて、今回もポケモンBDSPです。

前回のポケモンBDSP

【ポケモンBDSP】15年ぶりにシンオウ地方へ Part3 殿堂入り後色々回る
ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールのプレイ日記です。 今回は殿堂入り後のシンオウ地方を巡ってみました。

プレイ日記

前回更新後からやっていた図鑑集めですが、ようやく後1匹となりました。
最後の1匹はおんみょ~んで知られる、ミカルゲです。

こいつがまた面倒くさかったのですが、2-3時間ほどかけてようやくミカルゲの出現条件を満たし、ゲットすることができました。

これでシンオウ図鑑は完成。

シンオウ図鑑を完成させたことで、早速その特典を貰いに行きます。
何をもらえるか知らなかったのですが、揺れないお守りをゲット。
剣盾の感覚で光るお守りだと思っていたので、正直ショボさは感じた。

あと完成による賞状がもらえると思っていたのですが、捕まえたことによるものではなく、出会ったものによるものでした。

面倒臭いのも乗り越えて達成したのにそりゃないぜって思いますね。
とりあえず目標だったシンオウ図鑑のコンプリートができましたので、一旦BDSPは一区切りといったところか。

感想

目標だったシンオウ図鑑完成までできましたので、感想を書いていきます。

ストーリー

ストーリーはバッジゲットまではとてもシンプル。
これはこれまでと同じですが、結構ギンガ団との関わりが、割とあるかな。
ポケモンの中ではストーリーを重視している感じはあるが、特に面白いとは思わない。
ポケモンのストーリーはお通しみたいなもので、殿堂入りしてからが全ての始まりなので下手に凝らないでほしい。

あとライバルがウザい。
テンガン山の頂上で共闘する時は、お前雑魚なんだからすっ込んでろよって思った。

キャラクター

正直ダイパのジムリーダーや四天王は1人も覚えてなかったというぐらい存在感が無かったわけですが、プレイしていたら思い出せました。
特に魅力的というのはいなかったですが、とりあえずはシロナかな。

あと先にも触れましたが、ライバルがウザい。
存在自体にイライラしてました。

ちなみに四天王やジムリーダーの難易度が他のポケモンと比べて高く感じたので、そこは良かったですね。
次回作もこれぐらいの難易度でプレイしたいと思えた。

グラフィック

今回のグラフィックは発表当初はあまり気にしてませんでした。
ですが、プレイすると二頭身のアップがきついという結論に至りました。
何かフリー素材なのかな?と思うほど、二頭身がチンケなものに感じましたね。
逆に普通の等身はいい感じなのに、なんであえてチンケな仕様にしたのか謎。
あと草木とかも剣盾と比較すると安っぽく感じましたね。

バトル時の背景とかは各キャラの特徴があっていいなと思っているので、何でわざわざ二頭身にして劣化させたんでしょうね…。

音楽

単純にダイパの曲をアレンジしただけという印象で、ガラッと変えてないあたり原曲の良さが残ってますね。
BGM自体は好きなので、ここに関しては良かったというところです。

ちなみにBDSPはDS音源でも楽しめるので、そこはお好みで…といったところか。

バトル

ダイマックスもメガシンカも無いバトルが楽しめるのがダイパならでは魅力ですが、システム面でかなり剣盾から劣化を感じますね。
甘えではありますが、剣盾で見れた壁ターンや天候のターン数、能力変動の確認が全く確認できないようになっています。
ランクマ実装されないから、この仕様いらんわって思ったのかもしれんが、元々あったなら無くす必要はなかったと思う。

わざわざなくした理由が分からない。

地下大洞窟

ダイパリメイク唯一の良心と言える要素。
地下でホリホリしているだけでいつの間にか時間が経過してて楽しめます。
ネットワーク要素はおまけ程度な感じですが、隙間時間で遊べて良いね。

ポケモンの入手

正直、ポケモンの入手方法ぐらい少しは緩和してよかったんじゃないかなと思っている。
ゴンベとか入手しやすくなりましたが、こんな苦労させて何のメリットが有るの?と思うのがいるので、紹介したいと思います。

本当にストレスしかなかったです。

ヒンバス

1匹目はヒンバス。

テンガン山B1Fで4マスだけ存在するというヒンバス。
これダイパも一緒だったわけですが、いちいちこんなことやらせんなよ…。

全部回りましたが、1回目はどこでもヒットできず、2日目にやったところゲットできたという流れです。
2回目は運良くすぐに見つかったので、30分ほどで終わりましたが、達成感は何一つなく、ようやく開放されてよかったという気持ちしかありません。

マスキッパ

ノモセ大湿原に日替わりランダムで出てくるのがこいつ。
両バージョンで見張っていたのに、結局ゲットできたのは昨日でした。

マジランダム要素はやめてくれ。
私みたいな運が悪いやつにはストレスでしかない。

ヘラクロス

次は木から登場のヘラクロス。

全ての木で出るわけではないためこいつも一苦労。
両バージョンで全ての木に蜜を塗り、出てこないと分かった木を候補から外してようやく入手。

ミカルゲ

おんみょ〜んでお馴染みのミカルゲ。

地下にいるNPC32名に話しかけるというクソ仕様。
おまけにこのNPCは固定位置ではないため、都度探すのが面倒くさかった。

地下探索が楽しいという点が救いでしたが、それでもNPC32名は地獄。
ネットワーク対応して、他プレイヤーに話しかけられるようにしてほしい。
というか剣盾ではできたじゃん。

バグ

話題になりすぎてますが、バグ多すぎ。
面白いバグだとこういうのでしょうかね。

他にも増殖バグといった、それはまずいだろってバグまで程度に差こそあれど多すぎですね。
むしろよくこの状態で出そうと思ったなという気持ちと、こんなにひどいなら、このままRTA in Japanのタイトルになってくれたら嬉しい。

ちなみに私自身はバグはそこまで見つけるわけじゃないのに、それでも割とバグが見つけられたので、それじゃ駄目なんじゃないかな。

最後にユーザーはデバッガーではありません。

気になること

他にも気になることもあったので、挙げていきます。

操作性

他に気になることとしては操作性がめちゃくちゃ悪い。
移動中の引っ掛かりが本当に酷いですね。
自転車での移動が本当に地獄でした。

キャラの移動

今回ななめ移動できるようになったのは良いのですが、ノモセ大湿原に入るときなど自動で移動する時は上下左右しか動けません。
普通に斜め移動すればいいじゃんって思うんのですが、カクカク動くので本当違和感。

まとめ

自動的に学習装置機能が追加されるなど、剣盾時の遊びやすさは全部ではありませんが継承されて、少し遊びやすくなっていました。
ただ、ORASのようなリメイクで追加されたような大きな要素は今回なく、またプラチナの要素すら無く、良くも悪くもダイパを忠実に再現しただけですね。
残念ながら2年前に発売されたソード・シールドの劣化と言わざるを得ません。

残念ながら、ポケモン本編のくくりの中では、史上最低の出来と感じました。
ただ本編としてのくくりではなく、あくまでもポケモンホーム解禁後に、剣盾に持っていける第3のDLC的なものと考えればまだマシに思えるかも。
とりあえず全国図鑑をコンプリートするモチベーションは正直湧きませんので、やるならホーム解禁後かな。

ゲームフリークはアルセウスに注力しているようなので、そちらに期待します。

それでは、また。

コメント