【バイオ ヴィレッジ】こんなヴィレッジは嫌だ Part1

おはこんばんちは。

4日前ぐらいは16本近くあったはずのドクペが冷蔵庫から消え去りました。
はい、完全に飲みすぎですね。
ゲームをやりながら飲むのは最高なんですが、最高だからこそがぶ飲みしないようにしたい。

さて、今回からバイオハザード ヴィレッジをプレイしていきます。

プレイ動画

プレイ日記

前回のバイオ7と同様に海外版です。
やっぱり規制無いほうが違和感無く楽しめますからね。

それではやっていきましょう。
主人公は7からの初登場イーサン・ウィンターズ。
7から数年後ということで、イーサンと前作でも出てきたミアは結ばれて娘も生まれました。

前作のことはまだ思い出すようではありますが、幸せな生活を送ろうとしている様子。
が、そんな平和も長くは続かず…。
いきなり殺害されるミア、そしてやってきたのは…更にゴリラ化したクリス。

数少ない平和パート短すぎやろ…。

そのまま娘を奪われ、イーサンもどこかへと連れ去られることになりますが、目覚めると周りには誰もいません。
そして先に進んでいくと、見えてきた謎の村。

誰も居なくてそれだけでも怖いですが、ようやく第一村人発見。
しかし誰かが来ている様子…。

もうこういう演出見ると、あっこの人死ぬなって予感させられますが、案の定死亡。
イーサンはそのまま引きずり込れ、その先には死体の山。
そして…ライカンに手を噛まれるイーサン。

そのまま引きちぎられ、薬指の第2関節より先と小指を欠損することになりますが、これは海外版ならではの表現なのかな。
が、前作ホチキスで斬られた腕をつなげたイーサンですから、これぐらいは薬液でどうとでもなります。

で、その後もライカンの集団に追われることになります。
こいつらかなりタフでもうこれだけでも十分に嫌ですね。

畑のそばの屋敷というヒントは得たものの、正直どこから逃げれば良いのか分からず、ここでゲームオーバーになってしまうんじゃないかとも覚悟をしました。
そんな時にライカンの親玉らしきのが登場。

囲まれたし終わったななんて思ってたら、急に撤退。
そのまま道がひらけたので、先に進んでみると、ここからはおそらく体験版でプレイしたポイントでしょうかね。

やること自体は全く変わりません。
詳しくはこちらのVillage編で触れています。

体験版と同じ内容だったことでサクッと進められましたが、問題はその後ですよね。
体験版だとクレストをはめ込んで、その後城に向かうというところで終わるわけですから、その後はどうなるのか気になります。

ということで、セーブポイントもなさそうだし行ってみました。
そしたら、城に入れそうなポイントを発見。
早速扉を開けようとしてみたら、誰か来ました。

一瞬味方かと期待しちゃいましたが、この世界においてそんなものを期待するのは間違いでしたね。

残念ながらイーサンはどこかに連れ去られます。
連れてこられた先にいたのは、マザー・ミランダそして四貴族。

どうやら先程の男はハイゼンベルクというらしい。
そいつよりゲームを仕掛けられます。

脱出を試みますが、ハイゼンベルクはイーサンを殺そうと色々な手を打ってきます。
正直終わりだと思ったのはこの仕掛け。

もうね、これ終わったなと思った際に何とか飛び込んだ逃げ道でしたが、これでクリアとなりました。
何とか脱出し、城にたどり着いたイーサンですが、そこで待っていたのはデューク。
商人として武器とかを売ってくれます。
声優は永沢君。

まだ武器とか買うほどの余裕はないので、そのままドミトレスク城へ。
体験版でもプレイしたおかげで、少しイメージがあったのでとりあえず探索。

ただ、そこでやってきたのは四貴族の長身女。
こいつがドミトレスク城の城主でしょうかね。
また、虫を纏った女も現れ、そいつらに拉致されます。

体験版でも出てきた虫女ですが、3人もいるようで…。

このまま吊るされるものの、無理やり脱出し薬液で回復。
さすがイーサン。

といったところで、デュークがいる安置に到着。

タイプライターもありましたので、今回はここで終了。

どうやらドミトレスク城は体験版Castleとは若干違う展開になりそうですね。
もしかしたら活かせるところもあるかもですが、慎重に行きたいところ。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました