Detroit:Become Human 人とアンドロイドと私の物語 Part6

2019年10月13日 17:07ゲームプレイ日記・感想

おはこんばんちは。

今回は少し間が空きましたが、Detroit:Become Humanをやっていきます。

2周目のDetroit:Become Human

プレイ動画

プレイ日記

3周目としてはやらずに、チャプターでそれぞれのルートをクリアしていく方法を考えていたのですが、このゲームは途中でルートの変更はできても、通しでやらないと反映されないようで…。
予想以上にやり直しが不便なようなので、いっその事最初からやろうということになり、一応チャプター時に地道にやっていた全員生存でやっていきます。

どうやら暴力で終わらせると全員生存は無理のようなので、今回は平和的な解決を目指しました。
コナーは死んでも次の章で生き返りますが、一応コナーも死なないように注意しています。
あとは、ハンクとの友情と世論がアンドロイドを指示、ソフトウェアの異常とかも意識しました。
通しでなかったとはいえ、一応チャプターでやっておいたのと失敗の経験を活かして何とか全員生存まで達成。
ぶっつけ本番もありましたが、意外と何とかなりました。
特にカーラ、アリス、ルーサーの3人は国境越えの際に何度も死んで悔しい思いをしたので、ようやく国境を越えれてよかった…。
もちろん、3人揃ってこそ意味があるので、最後にカナダへようこそって言われたときは本当に良かったです。

ちなみに、マーカスが暴力に走っていると、アンドロイドだーで全員射殺ルートです。

マーカスは平和的な部分は結局やってなかったのでこれがハッピーエンドと言うやつなのかもしれません。

ノースと恋人になるとこういうことに。

最後に目標だった生存者のトロフィーはゲット。

マーカスはとりあえず警察は殺さず平和的に、デモも平和的に。
コナーはハンクに対して人間らしい行動を。
カーラはひたすらアリスとルーサーを守るための行動をしていれば何とかなるのかもしれません。
あとは強制戦闘があった場合のQTEを頑張れといったところでしょうか。

本もようやく集め終わったところですが、思った以上にやり直しが不便なのでフローチャート100%は諦めました。
そのため、次がラストになると思いますが、コナーをひたすら無能にして殺されまくりのハンクの評価を下げまくりでプレイしていきます。
今回とは逆にハンクの評価を下げまくる必要があるので、難しいかもしれませんが、何とか今週中には終わらせたいなぁ。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ