ポケモン剣盾 ガラルのポケモンとともに Part3

2019年11月27日 00:40ゲームプレイ日記・感想

おはこんばんちは。

今回はポケモンシールドで進めていきます。
こちらも殿堂入り済み。

プレイ日記

シールドはメインとしてプレイします。
ストーリー自体はソードと同じなので、違うところを主に触れていきます。

メインということで、主人公は女の子です。
女の子のほうがバリエーションが多くて楽しいですよね。
なおセンスがないので、ただ楽しむだけですが…。
今作の女の子も可愛いですね。

今回選んだのはヒバニー。
理由は御三家の中で一番よかったからですね。
ちなみに、主人公に合わせて性別も変えてるため、今回はメスが出るまで粘りました。
まぁ、粘りましたというほどリセットしていませんが。

さて、番号ですが、これです。
語呂は正直めちゃくちゃ悪いんですが、3桁の数字ならこれだろうと思っているのでこちらに。

新ジムリーダーですが、何かふくよかな女性が居ますね…。

どんな感じのジムリーダーなのか気になりますが、それは後々わかることでしょうか。
さて、3つ目のバッジまでは同じような感じ。

今回、ポケモンを捕まえるレベルにも制限が掛かっていますが、捕まえようとすらしてなかったということで試してみた。

あー、なるほどこうなるのか…というのがわかったところで、4つ目のジムへ。
ここはソードだとサイトウちゃんでしたが、オニオンくんに変わっています。
タイプも格闘ではなくゴーストなので、タイプだけで見るなら非常にやりづらいですね。

ちなみにジムの仕掛けは変わりませんでした。

途中ですが、ソードでは見つけられなかったポケモンを発見。
まさかのゴースト単タイプのようです。

さて、いよいよオニオン戦。
仮面を外したら実は可愛い可能性がありそう。

ちなみに、ガラルではサニーゴも進化ができたようで、サニゴーンと言う名前に。

そしてゲンガーのキョダイマックス。
何となくメガゲンガーっぽい。

これでバッジゲットですが、5人目はポプラなのでスルー。
そして、6人目のジムリーダーも変わっています。

メロン(直球)ですね。

色んなところがメロンですが、熟女好きならシールドの方がいいのかもしれない…?
次のキバナもあっさりと撃破して、いよいよセミファイナルトーナメント開始です。

ここはサクサクと勝ち上がって、ムゲンダイナも終わらせて、いよいよチャンピオン戦。
そして勝利といったところで殿堂入りです。

クリア後の感想はザマゼンタを捕まえたことや、ストーリーだけでは味わえない他の要素がたくさんあったので、その点も踏まえて感想を書こうと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ