すばらしきこのせかい -Final Remix- 死神のゲームから生き残れ Part1

おはこんばんちは。

今回は9月27日に発売されたゲームからもう1本、すばらしきこのせかい -Final Remix-をやっていきます。
DSでプレイしたことがなかったので気になっていたのですが、友人に勧められた事もあって購入を決めました。
何やらDSが壊れるぐらいの勢いでやったとのことなので、どんなゲームか気になるところ。

プレイ日記

まずは、操作説明。

タッチ操作とジョイコンしかプレイできないとか、かなり操作は特殊なんでしょうか。

闇堕ちというわけではなさそうですが、主人公のネクは何かに絶望でもしてるんだろうか…。

手にはいつの間にか謎のバッジ。

そして始まる死神のゲーム。

クリアできなかったら、ネクは消滅してしまうらしい。
そんな時に現れた少女シキ。

ここからはノイズと戦っていくことになりますが、各バッジによって異なるサイキックを使っていきます。
今回はタッチ操作でやっていますが、なかなか忙しそうです。

そして、初戦闘は何とか勝利でしたが、これ操作難しいですね…。
普通に移動できるのかと思ったら、割と慣れない…。

ちなみにシキと契約したネクですが、正直鬱陶しいと思っている様子。
まぁ、ネクとシキは正直まったく合わなそうなので仕方ないのですが、すばらしきこのせかいというタイトルだし、ネクにとってどうなるのかというのが気になるところ。

死神のゲームによって閉じ込められたわけですが、舞台は渋谷になるようです。
ということで、ハチ公なんかもネタにされています。

そして、磨いていたらノイズが現れました。

この辺の戦闘ですら慣れずに苦戦しているわけですが、この先大丈夫なんだろうか…。

死神も出てきましたが、本当に大丈夫か…?

あとは協力者と思われますが、バーのマスターっぽい人も出てきました。
何とか死神からは逃れることができましたね。

そしてネク自身は記憶喪失のようで、その記憶が戻ることはあるんだろうか。

戦闘ではネクとシキで使える「透視カード」も。
どんなのか全く把握していませんでしたが、これ瞬時に見極めないとなので、鍛えられそうな予感…。

放置した分BPもゲット。
これは流石にスリープモード時限定なのかな?

今の所めちゃくちゃ尖ったゲームと言う印象ですが、残念ながら未だに操作には慣れず面白さが伝わってきません…。
慣れてきたらもっと楽しくなってくると思うのですが、今までプレイしたゲームの中でもこのゲームは慣れるまでにかなり時間が掛かりそうです。

それでは、また。

コメント