ゼノブレイド2 フラフラと探索しながら楽園を目指す Part3

2019年10月13日 17:08ゲームプレイ日記・感想

おはこんばんちは。

今日で3連休が終わり、明日から仕事。
実家に居ながらゼノブレイド漬けでしたが、それも今日でおしまいです。

前回のゼノブレイド2

プレイ日記

第三話 戦

まずはイーラ視点ですが、ヨシツネ登場。
ベンケイはまだのようですが、ここからはメツだけでなく、ヨシツネとも戦うになりそうです。

さて、ここからの目的ですが、まずは世界樹に向かうためにトラの知り合いのウモンに会いに行きます。
右半身から左半身に移動する必要がどこから行けばいいのか迷っていました…。
マップを開いても広大なゴルドア大平原は全て表示されず、わからないままでした。
雲海の高さを変えてもよく分からずだったので、キズナトークをしたりクエストをやってました。

途中、こんな瘴気のようなものも見つけましたが、現時点では行けないようです。

前作のゼノブレイドでもあった絶景ポイントですが、今作もあるようで…。

さて、肝心の目的ですが、何とかフラフラしてたら左半身にたどり着くことができました。

まだ目的地には行ってませんが、ここで覚えようと思ったのがブレイドコンボ。
正直チュートリアルだけでどうやるのかよく分からず、ゼノブレイド2 ダイレクトや公式サイトを見てようやく理解。
チュートリアルを見たけど、よくわからんって時は個人的にダイレクトを見直すのがオススメかなと思います。

レベル1→レベル2→レベル3と4の順番でやらないといけなかったようで、そりゃこれまで発動しませんわな。
ユニークモンスター相手に練習して何とか火→水→火でコンボできました。

何とかウモンの造船所に到着。

ここでは船を作るためのミッションとして、先程の絶景ポイントに行く必要があったようです。
先に見つけておいてよかったですが、もし見つけてなかったらここでも苦労してたんだろうな…。

クエストを終わらせ、いよいよ世界樹に向けて出発ですが、ただで行かせてくれず…。
今後戦うことになるのかは分かりませんが、サーペントが世界樹を守っています。

そのサーペントから逃げていると、今度現れたのはインヴィディアの巨神獣。
結局食べられてしまい、第三話ではインヴィディアを冒険することになりました。

ただ、食べられていてもスキップトラベルはできたので、解放されたTIGER! TIGER!のステージ2をプレイ。

ここでも何とかノーダメクリアは達成できました。
インヴィディア烈王国に戻って進んでいくと、ちょっとレベル差があるユニークモンスターが登場しますが、覚えたてのブレイドコンボを使って、勝利。

更に先に進んでいくと、ホムラを狙っていると思われる一味が登場。

大男との横にいる鳥のブレイドは強そうですね。
戦闘では何とか勝利しましたが、結局悪い人ではなかったようです。

ここからはヴァンダムも一緒になって、戦っていくことになります。

ようやくインヴィディア最初の街、フレースヴェルグに到着。
どうやら、ヴァンダムのブレイドはスザクという名前のようで。

じっちゃんがセイリュウ、そしてヴァンダムのブレイドのスザク、ニアのブレイドのビャッコと出てきましたので、あとは玄武ですね。

さて、ゴルドア大平原でも見た瘴気ですが、どうやらスザクがこれを消滅させることができるようで。

となるとヴァンダムも仲間として戦ってくれるのかなと思ったので、同じ攻撃ロールのレックスを控えにしてヴァンダムを操作して進めてみました。
ヴァンダムはレックスに色々教えてくれますが、アンカーショットにダウン効果がつきました。

ブレイク時に使用することで相手をダウンさせることができ、ダウン後はライジング→スマッシュとつなげることができます。
調査の場所に到着し、そこにいたのは死んでいる巨神獣。
そして、何でモンスターについているのか分かりませんが、大型モンスターとブレイドです。

ブレイドはコア化し、アイテムとして加わりました。
この時点では無理でしたが、いずれ同調することができる時がやってきそうですね。

フレースヴェルグに戻ってくると、やって来たのはヨシツネ。
チュートリアルもあるので、実験台になってもらいました。

ホムラはレックスに生命を半分与えたせいなのか、レックスとホムラの傷も同調しているようで、お互いがダメージを受けてしまい、ホムラがダウン。
そんなホムラをレックスは改めて守っていくと誓ったようでした。

ここからは首都フォンス・マイムに向かいますが、その前に新たなキズナトークを…。
どうやらトラがホムラにメイドの真髄を教えているようです。

キズナトークを見たところで、フォンス・マイムへ。
その途中、またホムラを狙う敵が現れました。

その名も。

ということで、四神の最後である玄武はこのキャラに使われていました。
そして、ブレイドのサイカ。

それとカメキチ。

愉快な仲間たちとは戦うことになりますが、勝利後自らの技で転落していきました。

フォンス・マイムへの道程は長いとのことでしたが、ゼノブレイド2の場合は本当に半端じゃないほど長い。
クエストや探索をある程度行って、ようやく到着です。

フォンス・マイムに到着後、まずは横暴なドライバーから知り合いの子供にあたるイオンを助け、劇場を見ることに。
ただ、その内容がホムラのことを言っている話でした。
これについては徐々に分かっていくと思いますが、500年前に何があったのか気になるところ。

そして、ヴァンダムは本来の目的であった知り合いに会い、楽園の場所を聞きますが、このおじいさんは何かを知っている様子。

ただ、その前にホムラと2人きりで話しがしたいよう。
そしてホムラはこのおじいさんを知っているようですね。

でも、その後にやってきたのはメツとヨシツネ。

その話をイオンが聞いていて、おじいさんを助けたい一心で力を貸すことになったようです。

そして、メツは直接ホムラに語りかけ、ホムラは単身でイオンを助けに行きます。

異変に気付いたレックス達はホムラの居る場所に向かい、ここでメツ&ヨシツネ戦。
ただ、ヨシツネの力によってドライバーとしての力が封じられ、絶体絶命のピンチに戦うのはヴァンダムです。

自らの身体にサイスを刺し、ヨシツネの力を封じたまま戦います。

もうこの段階でヴァンダムの死亡フラグが立っていますが、それでも負けないで欲しいと願ってました。
ヴァンダムはレックスに逃げるよういいますが、レックスは逃げようとしません。

そして、この一言を残し、ヴァンダムはメツの手でやられることに。

また、スザクもコアクリスタルとなりました。
それでもレックスは引かなかったことで、ホムラがヒカリとして目覚めました。

メツはその目覚めに対して動じませんが、ヨシツネは一気に小物臭が出てきましたね。
ブレイドであるカムイがやられ、メツ達は撤退。

レックスに大切なことを教えてくれたヴァンダムの死とヒカリの目覚めとなった第三話はこれで終了。

何とかここまででプレイ時間30時間突破と実家に居ながらがっつりできたのと、一話ガッツリ進めれてましたが、明日からはスローペースでプレイしていきます。

レアブレイド

今回ゲットしたレアブレイドを紹介。
ゲットした順番に記載していきます。

ホタル

ホタルはモーフを倒した際に出てきたレア・コアクリスタルから出現しました。
腹黒さが出てきますが、なかなかかわいいキャラだなと。

シキ

意外とレア・コアクリスタルが多く手に入るので、ここからは覚えていませんが、2体目です。
声優は能登さんですね。

レア・コアクリスタルから絶対レアブレイドが出てくると最初は思ってたのですが、思ったより手に入ることから、そうではなかったようで…。

今後もブレイド図鑑に追加されたキャラを紹介していけたらと思います。
コモン・コアクリスタルがめちゃくちゃ溜まってるのでまとめて同調しないとな…。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ