特別展 三国志+ペルソナ5 聖地巡礼 三軒茶屋編

2019年10月7日 02:07

おはこんばんちは。

明日からTGSの一般公開日が始まりますので、千葉にやってきました。
半年以上ぶりに、クソみたいな毎日から開放されたのでちょっとテンションが高いです。

本日はTGS前日ということで、色々回ってきたので、その点について触れていきたいと思います。

特別展 三国志

三国志展が9月16日までなので、今回の機会にということで行ってきました。
平日の昼間だし、そこまで混んてるだけじゃないだろうと思っていたのですが、中は人だらけ…。
おまけに同じものを何度も撮影する人ばかりで、まともに見れたレベルじゃねぇぞと…。

そんな中自分が撮った写真を少し載せていきたかったのですが、商用目的の利用での撮影不可ということで、広告を貼っているこのブログには載せてはいけないですね。
ということで文面だけになりますが、関羽や曹操・劉備・孫権といった人物の紹介がありました。
ちなみに、孫権だけ何故か撮影者が少なかった。
呉って、一応三国の中じゃ一番残ったし、孫権の時代も長かったんだけどな…。

あと、諸葛亮や甘寧もいましたね。
それと孟獲も。

人物紹介と一緒に生没年とかも書かれていましたが、甘寧については何もなかったですね。
没年は215年というのもありましたが、実際のところは分からないですからね…。

人物以外だと赤壁の戦いのシーンなんかもありましたね。
おそらく、わら船で矢を集めるところだと思います。

あとは、蛇矛もありました。
長すぎて全部撮れないぐらい長かったです。

遠くから撮れる場所があれば良かったのですが、人が蛇矛近くで群がってるから撮れるものも撮れない。
ちなみにコーエーテクモ監修。

一通り回ったので、ここからは感想。

感想

先にも触れましたが、人だらけで本当に疲れました。
撮影の中に、『他の観覧者の鑑賞を妨げる行為(長時間の撮影、割り込み、連写や特殊なシャッター音など)』とあったんですが、普通に割り込まれるし、同じところに居座って何枚も同じ写真を撮影したり…。
自分は三国志の本を読み漁ったことで、少しは知識を持っていたので文章を読んだり年表を見たりしてるだけでも楽しむことができましたが、もしただ興味があるだけで知識を持たずに行ったら、ただ疲れただけで楽しむことはできなかったかもしれません。

三国志展を一通り回っての感想ですが、あくまでも三国の成立あたりがメインでその前後はほとんど触れられていませんでしたね。
なので、黄巾や呂布についてはほんの少ししか触れられていません。
曹操や劉備が亡くなった後についても、北伐が少々触れられていたものの、三国の滅亡はほとんど触れられていませんでしたね。

最終的には魏を終わらせた晋によって呉が滅亡させられたところで、魏・呉・蜀はすべて滅亡して終わるわけですが、そのあたりはほとんど触れられておらず…。
戦の他にもある程度時代を絞って深くといった感じの三国志展だったかな。

個人的には三國無双の辞典のほうが面白かった。

最後は、図録を買って終わり。

三国志展でじっくり見れなかった分を見れるかなと思いますが、これ図録だけ見れたら満足だったんじゃないかという可能性がありますね…。

ペルソナ5 聖地巡礼

僅かな時間ですが、三軒茶屋にも行ってきました。
目的はペルソナ5の巡礼です。

ルブラン

本当にそのままでびっくり…。
お酒が飲めないので、中に入ることは今後もありませんが、再現度すげぇ…。

富士の湯

見た目はもちろんのこと、場所まで同じでワロタ。
ちなみにお休みだったので、中には入らないほうが良いかなと思い、コインランドリーまでは見ていません。

バッティングセンター

一発打っていこうかなと思ったんですが、お休みでした…。
最初どこにあるのかわからなかったけど、本当にそのままですね…。

スーパー

最初スーパーこれっぽいなと思ってたけど、やっぱりこれでした。

リサイクルショップのところにはこのお店が。

ちなみに、三軒茶屋中央劇場は建物が無くなってしまい、その場所にはカラオケ店が会ったのでそちらはスルーしました。

感想

一応回れたので感想でも。
割と迷うかな?と思っていたのですが、終わってみたら20分もかかっていませんでした。
というのも、思った以上にそのままですね。
そのまま過ぎてあまり迷うことはありませんでした。

三軒茶屋駅への道もほぼそのままで、再現度パネェと思いましたね。

今回は時間が無かったので三軒茶屋のみでしたが、来年また千葉に行く用事があるので、その時は渋谷とかP5Rで舞台にもなる吉祥寺とかに行けたらと思います。

それでは、また。

こちらも一緒にどうぞ