【FF13】パルスのファルシのルシがコクーンでパージ Part4

おはこんばんちは。

休みの日って本当にあっという間に終わってしまいますね。
起きたらまた仕事だと思うと憂鬱ですが、部署異動できるまでは気持ちは切り替えて乗り越えたい。
休み前日の内容で色々と言われるとは思うが…。

さて、今回もFF13です。

前回のFF13

【FF13】パルスのファルシのルシがコクーンでパージ Part3
FF13のプレイ日記です。 今回は6章 サンレス水郷終わりまで。

プレイ動画

プレイ日記

今回は7章からスタート。

7章

ここからはライトニングとホープの視点でパルムポルムに到着。
ホープはここに住んでいるようですが、PSICOMがウヨウヨいます。

とりあえず倒しながら、地下に潜入。
地下にはカーバンクルと呼ばれるファルシも。

地下ではライトニングが間違っていたことをホープが聞かされて、ライトニングもホープも混乱している感じですが、前に進もうとしている感じは見えてきているのがいいね。
何とか地下を脱出できたと思ったら、結局バレてました。

たくさんの兵に囲まれて万事休す…と思いきや、やってきたスノウとファング。

ここで4人まとまればいいのに、結局二人ずつに分かれることに。
ここからはスノウとホープ、ファングとライトニングで分かれることになりました。

まずファングについては、コクーンの人間ではないことやクリスタル化していたこととかも分かります。
ついでにヴァニラのこともここで明かされますね。

スノウとホープは正直母親の件があるのでどうなるのかと思ってましたが、最終的にはスノウが謝罪することで和解。

ホープも復讐することをやめてくれましたね。
その後出てきたボスはきつかった…。

その後はホープの家にお邪魔することになりますが、父親もホープが思っているほどの人でもなく、ちゃんとホープのことを大切に思ってましたね。
ただ、そんな平穏のときは長くは続かず、ルシを殲滅するためにPSICOMがやってきます。

それに対応したのが負傷しているスノウ。
相手方もロッシュが出てきて、スノウを殺そうとします。

ただ、その後何者かの手によって倒れることに…。

その後出てきた飛空戦車グライフですが、最初自力で倒すものだと思ってましたが、各パーツを破壊すればよかったんだな…。
正直めちゃくちゃきつかったですね。
リスタートしたときにどんだけ戻すのよって思うぐらい戻されすぎるので、リスタートの意味なさすぎ。

エストハイム家での一時的な平穏な時間を過ごしましたが、すぐに旅立っていくことに。
親父はいい人ですが、親父も死にそうな気がしてならない。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました