【VoC 囚われの魔物】ゲームマスターとともに Part3

おはこんばんちは。

5年以上前から健康診断で引っかかっていたところが、私個人の問題なのか、父も同じ状況であるために遺伝なのかをはっきりするべく病院に行ってきた。
結果としては、それすらも分からず薬の処方もなくということで、病院って役に立たないんだなと感じましたね。

前回のVoice of Cards 囚われの魔物

【VoC 囚われの魔物】ゲームマスターとともに Part2
Voice of Cards 囚われの魔物のプレイ日記です。 今回は第三章を進めています。

プレイ動画

プレイ日記

今回もちょっとだけの進行。

第四章 光ノ導キ

燃える水が流れる川を渡って先に進んでいきますが、砂船でこれ以上進むのは難しいということで砂船を改造することになりました。
それぞれが改造に必要なパーツを集めていき、砂船・改が完成。

これで進んでいけると思っていたら、トラリスがダウン。
どうやら炎の神獣戦でかばったりしてくれていましたが、燃える水の毒にやられてしまったらしい…。
そんな時に商人から凄腕の薬剤師がいる村があることを教えてもらったので、早速その村へ。

すぐに薬を作ってくれるそうで、その間は村を回ってみましたが、村人は怖いぐらいに親切。
薬を受け取ったら、何故か親切だった村人がめちゃくちゃキレている状況…。
どうやらトラリスに対して怒っているようですが、それを鎮めたのは謎の少女。

休ませる場所も提供してくれたりと、どうやらこの少女は教祖らしい。
予言もできるということで、新天地を目指していることも分かっているようです。
そこで、新天地のことが記されているらしい石板のことを教えてもらい、それを取りに行くことになりました。

結局倒れていたトラリスも回復を見せて4人でその遺跡へ。
遺跡にはちょっとした謎解きなんかもありましたが、あっさりと解ける仕掛けでそのまま石板の元へ。

案の定魔物は出てきましたが、それを撃破して石板を入手。
このまま教祖のところに戻って新天地について聞きに行きましょう。

ちなみに先程まで怒っていた村人たちも今は元通り。
どうやら教祖が色々と働きかけてくれたようです。
ちなみに石板は村の魂とも呼ぶほど大事だったようで、何か魂って怖いなぁなんて思いつつも新天地の情報を聞いてみます。
すると、新天地の情報が載っているというのは取りに行ってもらうための嘘でした…。

ですが、教祖自体は新天地の情報を持っており、その行き方を教えてくれました。

教祖の言葉が何か気になるところではありますが、とりあえず北を目指しましょうと思ったら、村人が倒れています…。
薬を作ってくれた薬剤師も皆死んでいる状況。
そして教祖も…。

どうやら村には絶対の教義があり、人に優しくすることと魔物は排除をすること。
そしてそれを破ったら死のようです。

おそらくトラリスが影響しているんだとは思いますが、それを知った上で招いたようです。
そして最後に石板を取り戻したかったとのこと。
村全体が疲れていたということのようですね…。

これで村が1つ消えてしまいました…。
スッキリしないまま、第四章終わりです。

それでは、また。

コメント