【富山】劇場版SHIROBAKO コミックス出版記念イベントに参加してきた+α

雑記(ゲーム以外)

おはこんばんちは。

早いもので4泊5日旅行も明日で終わりです。
明日は正午過ぎに帰るので、実質今日が最後みたいなものですが…。

さて、今回は富山旅行3日目について触れていきます。

高岡散策

今回の予定としては11時過ぎの城端線で城端駅へ行き、そこからは城端さくら線のバスに乗って…というルート。
ですが、チェックインは10時ということでちょっと時間があったため、高岡散策をしていました。

ドラえもん

ドラえもん自体には正直興味はないんですが、ホテルの近くにあったので1枚。

藤子・F・不二雄さんの出生地ということで、こういうのがあるらしい。
元々は別の場所にあったみたいですけどね。

高岡城跡

そして高岡城跡。
現在は高岡古城公園となっていますが、Google Mapsで見ると、ここに城あったんやなぁって感じの公園です。

堀とかそのままですしね。
ただ、中は結婚式場だったり体育館があったりと、本当にただの公園とは思えない要素が積み込まれています。

そんな中で私が向かったのは高岡市立博物館。
ここで日本100名城のスタンプを押したり、中にある資料館を見てきましたよ。

ここでやったのはこれぐらいですかね。

富山ブラック

ホテルの近くにラーメン屋が有るのですが、そこにあるらぁめん次元に行ってきました。
この日は日曜日でしたが、18時までの営業でSHIROBAKOイベント後に寄ることは難しく、月曜日は定休日。
そして火曜日は11時からだと飛行機にギリギリなので避けたいということになり、出発前に食べることにしました。

そこで気になっていた富山ご当地セットとやらをいただきました。
富山ブラックラーメン、とろろ昆布おにぎり、高岡コロッケのセットですね。

まず富山ブラックですが、これは自分が知っているタイプの苦手な富山ブラック。
とはいえ、スープ完飲できるか否かの話なので、完食なら余裕。
美味しくいただきました。

続いてとろろ昆布おにぎり。
中はゆかりご飯になっていて昆布との相性がいいなーと。

そして、最後はよくわからない高岡コロッケ。
何かここならではの要素があるのかわかりませんが、美味しいコロッケでした。

南砺市クリエイタープラザへ

さて、ここからは南砺市へ向けて出発です。
まずは高岡から城端へ向かいますが、ICカードが使えないだと…。
まぁ、大洗行くときも使えなかったし気にすることはないんですが、高岡から新高岡までは使えるという中途半端な感じのようです。

とりあえず久しぶりに切符を買い、城端へ。
そしてそこからバスに乗り換えて、南砺市クリエイタープラザへ。
ちょっと時間があったので周辺を散策してみましたが、近くにはサービスエリアもあるようです。

そして…。

近くにあるのは見ていたのですが、思いっきり隣にあって逆に気付かなかったです。

そしてクリエイタープラザの中はサクラクエスト要素がありましたね。
サクラクエストは田舎の町おこしがテーマのアニメですが、その舞台がこの南砺市なんですよね。

富山来てP.A.WORKS作品好きなら聖地巡礼も一つの選択肢ではあるのですが、サクラクエストは一度観てそんなにチェックしてなかったんですよね。
ということで、とりあえずチュパカブラだけ撮影。

劇場版SHIROBAKO コミックス出版記念イベント

さて、ついにイベント開始です。
入場する瞬間は特に高まりますね。

自分は最前列とまでは行かないものの前列寄りでかなり良い位置。

最初は出演者による生コメンタリーを聞きながらの劇場版SHIROBAKO上映。
裏話とか色々聞けたのは面白かったですねー。
ちなみにまた泣きかけた。
観終えたあとの、星のあつめてが結構来るんですよねー。
何回観ても同じところでこうなります。

そしてテーマを元にしたトークショー。
SHIROBAKOプロデューサー陣かく語りきということで、プロデューサー像などを語っているのが深い。
こういう話をするのってSHIROBAKOぐらいなんじゃないだろうか。

でも楽しい時間ってあっという間なんですよね。
南砺市のバスの都合もあるんでしょうが、14時に始まったイベントが17時に終わり、あっという間の終了でした。

最後はどんどんドーナツどーんと行こうで締め。
ドーナツはないのでエアドーナツでしたが、こんなことならサービスエリアのデイリーヤマザキでドーナツを買っておくべきだったか…?
売ってたかどうか覚えてないけど。

出演者の木村さんがメイン5人揃ってのイベントみたいな話をしていたので、そういう機会があればいいですよね…。

劇場版SHIROBAKO コミックス出版記念イベント感想

SHIROBAKOが上映開始された2020年2月って確かコロナでこれからどうしていけばいいんでしょう?の時期だったので、イベントらしいイベントや舞台挨拶もなかったですからね…。
ようやくこういった形でイベントを開いてくれたのが嬉しいです。

SHIROBAKO自体は8年前の作品ですが、今後もイベントとか有るなら積極的に参加していきたいですね。
クラファンでこれだけの支援があるということは、まだまだSHIROBAKOは愛されてる作品なんだなと思えたし、今後の展開に期待です。

あと南砺市ですが、空気きれいですね。
同じ富山でも高岡市内や富山市内ではそういうことは思わなかったのですが、桜ヶ池クアガーデンで下車した際の空気の気持ちよさは別格でした。

それでは、また。

コメント